外国為替市場:世界最大の市場



外国為替市場(「FX」または「Forex」市場とも呼ばれます)は世界最大の市場であり、2020年の1日あたりの平均売上高は約6兆ドルとなっています。取引の開始と終了が非常に簡単であるため、市場参加者が非常に多く流動性の高い市場となっています。

外国為替取引は2つの市場で構成されています



通貨は「ペア」で取引されるため、トレーダーがロング(買い)ポジションに入るときは通常、ある通貨を買い、同時に別の通貨を売り(ショート)していることを意味します。

たとえば、トレーダーが米ドル/円でロング(買い)取引を行う場合、米ドルを買い、円(日本円)を売るという意味になります。また、彼らが米ドル/円をショート(売り)させた場合、彼らは米ドルを売り、円を買うという意味になります。

MAKE TRADING SIMPLE

通貨ペアのグループについて

外国為替の通貨ペアは、取引量、ボラティリティ(価格変動)レベル、米ドルとの関連性に基づいて、3つの主要なカテゴリに分類できます。

メジャーペア

これらの通貨ペアは、すべての取引量の約4分の3を占めています。それらは最も流動性の高いペアであるため、スプレッドが最も狭くなる傾向がありますが、他のグループと比較した場合、ボラティリティが常に最も高いとは限りません。

参考例

EUR/USD, GBP/USD, AUD/USD, NZD/USD, USD/JPY, USD/CHF and USD/CAD.

マイナー/クロス通貨ペア

マイナーペアは、クロス(またはクロス通貨ペア)とも呼ばれます。取引量はメジャーほど多くはありません。それらは一般に、一部のトレーダーが魅力的であると考えるメジャーよりも高いレベルのボラティリティを提供します。

参考例

EUR/JPY, EUR/GBP, NZD/CAD, AUD/GBP, CAD/CHF.

エキゾチックペア

エキゾチックなペアには、新興市場の通貨が含まれる傾向があります。それらの取引量は時々非常に希少になる可能性があり、非常に高いボラティリティの期間を経ることがあります。また、スワップレート(一晩の金利)も高くなる可能性があります。

参考例

USD/SEK, USD/NOK, USD/ZAR, USD/MXN, EUR/TRY.

MAKE TRADING SIMPLE

FX(外国為替市場)の取引方法

FXトレードのアプローチ方法には大まかに分けると3つあり、通常トレーダーはテクニカル分析もしくはファンダメンタル分析、EAを使った自動取引でトレードします。
もちろんこの3つの方法個別で使用したり組み合わせたりと多様なアプローチが可能です。
テクニカル分析

トレーダーはチャートを使用して過去の価格行動を研究し、市場の将来の方向性を予測しようとします。通常、彼らは傾向分析を実行してサポート(支持)とレジスタンス(抵抗)の領域を見つけます。そしてさらに多くのトレーダーはその際にトレーディングシグナルまたは潜在的なトレンド反転を強調するのに役立つインジケーターを使用しています。

ファンダメンタル分析

経済データ、中央銀行、政府の政策を研究して、通貨ペアの将来のパフォーマンスを予測して分析する手法です。もちろん、多くの人がテクニカル分析も併用してトレードに参入しますが、彼らの取引アイデアの主な焦点はファンダメンタル分析から来ています。

自動取引

すべてのファンダメンタルズを無視し、取引を自動化する人も一定数います。彼らはコンピューターコードを使用してトレーディングロボットを作成し(またはMT4内のエキスパートアドバイザーを利用)、トレーディング戦略を完全に自動化しています。