オンラインでCFDトレード

貴金属, コモデティ & 株価インデックスのCFD取引

差金決済(CFD)は専門的で非常に人気のある金融商品であり、株価インデックス、コモデティ、貴金属など様々な金融市場で幅広い市場ポジションを簡単に獲得できます。ThreeTraderを使用すると同じプラットフォームでCFDと外国為替(FX)を取引できます。

 CFDとは何ですか?どのようなものですか?

CFDはレバレッジを効かせたデリバティブ商品であり、契約の基礎となる現物を実際に所有することなく実際の市場価格の動きで取引をすることができます。CFDを使用して基礎となる市場が上昇しているか下降しているかに関係なく、市場価格の将来の動きを推測(売り・買い)できます。

続きを読む

CFDの仕組み

株式の売値が25.26ドルで、この価格で100株が購入された場合取引コストは2,526ドルになります。

従来のブローカーでは、50%の証拠金を使用して、取引には少なくとも1,263ドルの現金支出が必要になります。CFDブローカーでは、多くの場合5%の証拠金しか必要とされないため、この取引はわずか126.30ドルの現金支出で入力できます。

原株が引き続き上昇し、株価が25.76ドルの入札価格に達した場合、その株は50ドルの利益または50ドル/ 1263ドル= 3.95%の利益で売却できます。

あるいは、株式に対してCFDを所有している場合、原株が25.76ドルになる時点で、CFDの利益は推定= 39.5%の投資収益率になります。

なぜCFDで取引するのですか?

CFDを利用して、基礎となる市場が上昇しているか下降しているかに関係なく、市場価格の将来の動きを推測できます。ロング(買い)またはショート(売り)を行い、価格の下落から利益を得ることもできます。あるいは、ポートフォリオをヘッジして、物理的な投資の潜在的な損失を相殺することもできます。

これまでアクセスできなかった可能性のある市場への露出を得ることができます。外国為替(FX)、貴金属、株価インデックス、コモデティなどの価格を提供します。

 CFDの競争力のあるスプレッド/マージン

スプレッドは、これら2つの価格の差です。価格が下がると思う場合は、売り価格を使用し上がると思うなら、買い価格を使います。

続きを読む

例:たとえば、日経225インデックスの場合、次のようになります。

  • NIKKEI225インデックス29000/29010
  • 日経225の価値が上がると思われる場合は、29010で購入してください。
  • 日経225の価値が下がると思うなら、29000で売ってください。

この例では、日経225のスプレッドは10ポイントです。

 CFDの詳細

従来の取引と同様に、CFDの価格は、買い(あなたが長く行きたい価格を「提供」)または売り(あなたが売りに出さない価格を「入札」)として見積もられます。CFDの価格は、原資産の価格を複製したものであり、当社との取引ごとに少額の手数料やスワップ料金が請求されます。

ここでCFDの短期コースを受講できます(近日公開予定)

  • 下記のフォームに記入するだけでプラットフォームがご利用いただけます