オンラインで仮想通貨をトレード

バヌアツ規制ブローカーで仮想通貨CFDをトレードする

バヌアツに拠点を置く高速実行ブローカーを介して、ビットコイン、イーサリアム、リップルCFDについてトレンドを推測します。 

仮想通貨の入門書

仮想通貨(または暗号通貨)は、テクノロジーで作成されたデジタル形式のお金です。これは、中央銀行によって採掘、印刷(物理的)、または「印刷」(デジタル)された過去の他の通貨とは異なります。

仮想通貨は仕組み化された暗号により、情報を安全に隠し、コンピューター技術でユーザーを特定する方法を用いています。

仮想通貨の目指すゴールは、私たちが慣れ親しんできた標準的な政府支援のお金よりも信頼性が高く、より速く、より安価に維持していくことです。また、ユーザー間で直接交換されるため、金融機関がお金を​​保持する必要がありません。また、ユーザーは、トランザクションが送信されてから受信および配信されるまで、完全にそのプロセスを確認できます。

これは、ブロックチェーンテクノロジーなしでは不可能です。

続きを読む

ブロックチェーンテクノロジー:仮想通貨はしばしばブロックチェーンそのものと混同されます。しかし、ブロックチェーンテクノロジーは本質的に、仮想通貨が利用する分散型ネットワークを形成する共有コンピューターシステムインフラストラクチャです。ブロックチェーンに脚光を浴びさせたのは仮想通貨ですが、ブロックチェーンには企業が模索している他の多くの用途があります。しかしそれについての説明は業界外の話まで広がってしまいますので一旦ここでは省きます。

仮想通貨の未来:
仮想通貨の未来について多くの人が興味を持つのは、それが将来的にどのように私たちの生活に介入していき、生活の中でどのような支払い方法が行われるのかという点にあります。当初は、通常のマネーロンダリング防止プロトコルを回避するためにダークウェブ上の犯罪者によって使用されると想定されていたため、支払い方法としては広く批判されていました。しかし近年、それは合法的な企業や人々に広く受け入れられ、様々な支払いに使われるようになりました。カフェ、オンラインストア、そして一部のショップでさえ、支払い方法として仮想通貨を受け入れるようになりましたが、一部の仮想通貨は他よりも人気があります。

ビットコイン:
ビットコインは、2009年にサトシ・ナカモトと呼ばれる偽名の開発者によって立ち上げられた分散型仮想通貨であったことが一般的に認められています。仮想通貨の支払いの認識が高まるにつれて、デジタル通貨の数も増えています(数百、場合によっては数千)。それでも、近年暴騰や暴落、その流動性から最も人気がある仮想通貨でもあり、最も多くの新聞やニュースの見出しに登場し、様々な分野の人々の間で議論されているのはビットコインです。

それで、これは取引と何の関係がありますか?

大規模な投機家が参入する:
市場が動くと、当然それは投機家の目に留まります。また、仮想通貨は価格が変動しやすい傾向があるため、一部のトレーダーにとってはさらに魅力的です。しかし、ベテランの投資家でさえ、デジタル通貨は「本質的な価値」を見つけるのが難しく、貴重な商品であると主張する人もいれば、その価値がゼロになることを断固として主張する人もいます。

ファンドマネージャー、ヘッジファンド、暗号通貨を推測している機関でさえ、デジタル通貨を提供するプラットフォームが投機家ではなく支払いに対応しているという問題が残っていました。損切り、利益確定、レバレッジ、ショートトレード機能などの機能は利用できませんでした。これらはプロのトレーダーが必要とする一般的な機能もあります。

したがって、CMEが取引可能な先物契約としてビットコインをローンチするのは時間の問題でした。これにより、プロのトレーダーはビットコインの激しい変動について推測したり、ロング、ショートを取引したり、仮想通貨の保有をヘッジしたりすることができました。

ビットコイン先物はすべての人に適しているわけではありません:
仮想通貨先物の導入は投機家にとって重要なステップでしたが、大きな証拠金要件、高価格、激しい変動性により、取引口座に数百万を持たないほとんどのトレーダーにとっては手の届かないものでした。しかしこれらの問題を修正し、小売業者に仮想通貨投機を開放する仮想通貨CFD(差金決済取引)を作成する道が開かれました。

仮想通貨CFD取引はどのようなものですか?

CFD(差金決済取引)はデリバティブ商品です。つまり、仮想通貨CFDトレーダーは、取引が行われるときにデジタル通貨を所有していませんが、従来の暗号取引の制限なしに、ロング(上昇市場)とショート(下降市場)の両方を推測できます。

仮想通貨CFDの証拠金要件と最小取引サイズは、暗号先物契約よりもはるかに低く、小資本のトレーダーにとってよりアクセスしやすくなっています。

さらに、仮想通貨CFD取引は、デジタルウォレットを開く必要がなく、トレーダーが外国為替、インデックス、商品などの従来の市場と並んで仮想通貨CFDについて同じプラットフォームで推測できるようになっています。

続きを読む

ビットコイン(BTCUSD)のロング(買い)例:
トレーダーがBTCUSD(1ビットコイン)の1ロットをUSD $ 10,600で購入します

  • 価格が12,000ドルに上昇した場合、トレーダーは約1,400ドルの利益を得るために終了するケースについて計算しましょう。
    • (#ロットx契約サイズ)x(出口価格–エントリー)
    • (1 x 1)x($ 12,000 – $ 10,600)
  • 価格が9,995ドルに下落した場合、トレーダーは約-605ドルの損失で終了する可能性があります
    • (#ロットx契約サイズ)x(出口価格–エントリー)
    • (1 x 1)x($ 9,995 – $ 10,600)
  • 5:1のレバレッジで20%の証拠金要件には、2,120ドルの資本が必要です
    • (#ロットx契約サイズx価格)/レバレッジ
    • (1 x 1 x $ 10,600)/ 5

イーサリアム(ETHUSD)の場合
トレーダーはETHUSD(10イーサリアムデジタルコイン)の20ロットを385ドルで販売します

  • 価格が305ドルに下がった場合、トレーダーは約1,600ドルの利益のために終了というケースについて計算してみましょう
    • (#ロットx契約サイズ)x(開始価格–終了価格)
    • (20 x 1)x($ 385 – $ 305)
  • 価格が420ドルに上昇した場合、トレーダーは約-700ドルの損失で終了するケースについて計算してみましょう。
    • (#ロットx契約サイズ)x(開始価格–終了価格)
    • (20 x 1)x($ 385 – $ 420)
  • 5:1のレバレッジで20%の証拠金要件には、1,540ドルが必要です。
    • (#ロットx契約サイズx価格)/レバレッジ
    • (20 x 1 x 385ドル)/ 5

仮想通貨CFDの取引に関連するコスト

スプレッド:
MT4プラットフォームで取引が行われると、トレーダーは取引コストであるスプレッドを支払います。スプレッドは、MT4のディールチケットまたはマーケットウォッチウィンドウ内に表示される買い価格と売り価格の差です。

スプレッドは変動性であり、エントリー時に利用可能な流動性の量に応じて変動します。通常、取引活動(ボリューム)が高いほど、スプレッドは狭くなると予想されます。たとえば、銀行の休日などの静かな期間は、暗号通貨を売買する参加者が少なくなるため、スプレッドはより広範囲に広がる可能性があります。逆に、米国や英国の市場が開いているときなどの忙しい取引期間中は、スプレッドが狭くなる(取引コストが安くなる)可能性があります。

この例では、スプレッドは$ 32USDです。

ビットコイン(BTCUSD)
買い/売り:
11,5 05 .00 / 11,5 37 .00

次の例では、スプレッドは$ 25.25です。

ビットコイン(BTCUSD)
買い/売り:
9,8 56.25  / 9,8 81.50

スワップ:
スワップは、オープンポジションの1日の保有コストであり、市場の通貨の銀行間レートから算出されます。スワップレートは、トレーダーが市場にオイてロングかショートポジションであるかどうかに応じて、プラスまたはマイナスのいずれかになります。MT4内の現在のスワップレートを確認するには、「マーケットウォッチ」ウィンドウ(Ctrl + M)に移動し、マーケットを右クリックして、メニューから「仕様」を選択します。

金利は年365回計算されるため、金曜日は週末を考慮した暗号CFDのトリプルスワップ日であることに注意してください。

仮想通貨CFD取引の利点

  • ロング・ショート取引が可能
  • 証拠金で取引可能
  • デジタルウォレットは必要ありません
  • CFDは、ヘッジにより損切りと利益確定の両方を使用することができます
  • ポートフォリオを多様化する事が可能
  • より高いレベルのボラティリティを望める
  • 仮想通貨CFDは規制のもとで取引されています
続きを読む

ロングまたはショート
仮想通貨CFDの取引では、トレーダーはロング(買い)またはショート(売り)を行うことができます。これは、従来の仮想通貨のトレードでは常に可能であるとは限りません。CFD取引だからこそできるメリットとなります。

証拠金
ビットコインなどの仮想通貨取引は、他の市場よりもはるかに高い価値で取引されているため、証拠金で取引できることがますます重要になっています。証拠金による取引が可能になったことで、トレーダーは市場の数分の1のコストで仮想通貨CFDを取引できます。つまり、その市場で投機するために必要な先行資金が少なくて済みます。

デジタルウォレットの要件はありません
仮想通貨について推測したいと思っていたが、新しいエコシステムが適用され、デジタルウォレットを使用する必要がなくなったトレーダーはたくさんいます。ThreeTraderでは通常の方法でアカウントに資金を入金し、利益を引き出すことができるため、もうデジタルウォレットは必要なくなりました。

CFDであれば、ストップ・ロスとテイクプロフィットオーダーの使用が許可されています。
仮想通貨取引所は伝統的に支払いシステムとして設定されているため、ストップロス、テイクプロフィット、指値注文など、投機家が必要とする注文ツールが不足している可能性がありました。仮想通貨CFDを提供するブローカーは投機家の要件を念頭に置いているため、投機家が必要とする注文ツールの使用は当然認められています。

ポートフォリオの多様化
これまで外国為替(FX)、コモデティ、または株価インデックスを取引してきたトレーダーも、ウォッチリストを拡張し、同じプラットフォーム内の仮想通貨も取引ができるようになりました。

より高いレベルのボラティリティ
ボラティリティには利益獲得のチャンスにあふれています。そして仮想通貨では、そのチャンスがたくさんあります。実際、最も変動性の高い資産クラスの一つとなっています。もちろん、リスク管理はトレーダーの成功にとって依然として最優先事項であり、取引される市場の不安定さについては慎重に推測していく必要もあります。

ThreeTraderで暗号通貨CFDを取引する理由とは?

  • バヌアツ規制
  • 最大レバレッジは20:1
  • 1つの口座で従来のCFDと一緒に仮想通貨を取引可能
  • 高速実行
  • ワールドクラスのトレード環境
  • 複数の入金方法
  • RAWゼロ口座でも手数料は無料
続きを読む

バヌアツ規制
ThreeTraderはバヌアツ金融サービス委員会によって規制されていることを誇りに思っています。お客様はこの規制当局の下安心して仮想通貨CFDを取引することができます。

1つのアカウントからの従来のCFDと一緒に仮想通貨を取引する
ThreeTraderはマルチアセットブローカーであり、現在、外国為替、株価インデックス、コモデティと人気のある暗号通貨CFD数種類を提供しています。

迅速な実行
当社の仮想通貨CFDサービスでは、トレーダーが注文処理の時間を苦痛に待つ必要がありません。私たちのトレーダーは、光と同様レベルの取引実行速度を楽しんでいます。

ワールドクラスのトレード環境
当社は、スキャルピング、HTF(高頻度トレーダー)、およびEAトレーダーにとって理想的な環境である迅速な取引実行を提供するために、トレード環境に多額の投資を行っております。

複数の入金方法
弊社のクライアントは、ビットウォレット、クレジットカード、銀行振込など、いくつかの一般的な支払い方法から資金を入金できます。

取引手数料が無料
ThreeTraderを使用すると、トレーダーは手数料なしでトレードでき、スプレッド分の価格を支払うだけで済みます。

  • 下記のフォームに記入するだけでプラットフォームがご利用いただけます