オンラインでインデックスをトレード

MetaTrader4でインデックスCFDをトレードする

ThreeTraderは、北米、ヨーロッパ、アジアのグローバル株式市場指数へのアクセスを提供します。すべての時間枠と当社のインデックスCFDは、1日24時間、ほぼ週5日近く取引され大変人気があります。

インデックスとは何ですか?

株価指数は、株式市場の値動きを総合的に捉えて表示するために、複数の銘柄の株価を一定の計算方法によって指数化し、継続的に算出・公表されているものをいいます。

続きを読む

たとえば、S&P500は米国で最大の500社の株価の値動きを追跡しますが、Nasdaq-100は米国における主要企業100社のテクノロジー株に焦点を当てています。 FacebookやAmazonなどの一部の株式は両方のインデックスに表示されますが、米国で最大の30の工業株を追跡するダウジョーンズ工業株30種平均にはリストされません。 海外のカウンターパートには、ドイツのDAX、フランスのCAC 40、ヨーロッパのSTOXX 50、オーストラリアのASX200、日本の日経225が含まれます。

流動性の高い商品であるため、テクニカル分析に非常に適しており、スイングトレーダー、デイトレーダーに取って非常に魅力的に映ります。 それでも、それらは、長期的な傾向と不安定な動きのためにマクロな見方をするファンダメンタルズトレーダーにも適しています。

インデックスはどのように取引するのですか?

ThreeTraderが提供するすべてのインデックスは、原資産の現金市場から派生したCFD(差金決済取引)です。 トレーダーは、原資産市場を所有することなく、レバレッジを使用して証拠金をロング(買い)またはショート(売り)で自由に取引できます。

続きを読む

ロング(買い)の例:ダウジョーンズ(US30 CFD)
トレーダーは、今後のセッションでより高く取引されると信じているため、26,250でUS30をロングします。昨日の安値25,585(665ポイント)を下回るストップロスに入り、27,000(750ポイント)のテクニカルレジスタンスレベル近くで利益を上げます。

買い値:26,250
ストップロス:25,585(-665ポイント)
利益確定:27,000(+750ポイント)

市場が上昇し、27,000で利益確定した場合、彼らは約750ドルの利益でポジションを終了します。

市場が下落してストップロスに達した場合、彼らは約-665ドルの損失でポジションを終了できることを期待します。

マージンとレバレッジ:
証拠金は、取引を開始するために必要な金額であり、通常、原資産市場の価値の一部です。ブローカーは、証拠金の逆数であるレバレッジを提供することにより、全額の一部を要求することができます。

たとえば、インデックスCFDに最大100:1のレバレッジが提供されている場合、必要証拠金は総取引額の1%です。したがって、5,000ドルの価値のある取引が1%のマージン(100:1のレバレッジ)で行われた場合、取引が開いている間、50ドルが残高の「フリーエクイティ」から削除されます。

トレーダーが10:1のレバレッジを使用する場合、同じ5,000ドルの取引を開始するための証拠金要件は500ドル(5,000ドルの10%)になります。

証拠金の例:ASX 200(AUS200 CFD)をショート(売り)

売り値= 5,987
レバレッジ= 100:1
必要証拠金= 59.87ドル
(契約数×エントリー価格)/レバレッジ
(1 x 5,987)/ 100

担保はわずか59.87ドルで、トレーダーはインデックス全体の価格変動を取引できます。

レバレッジがなければ、必要証拠金は$ 5,987でした。
レバレッジが10:1の場合、必要証拠金は598.70ドルになります。

インデックスCFDに関連するコスト

スプレッド:
取引が行われるとき、トレーダーはインデックスをロングまたは売りショートしようとしています。取引に参加するための取引コストはスプレッドであり、これは単に買い値と売り値の差です。これらは、MT4の「マーケットウォッチ」ウィンドウ内にあります。

例:

ASX 200(AUS200)が5980/5981の買い値/売り値を示している場合
スプレッドは1ポイント(5981 – 5980)

オープントレードがポイントあたり1ドルのリスクを負っている場合、トレードに参加するためのコストは1ドルです。オープントレードがポイントあたり10ドルのリスクがある場合、上記の例を使用すると、トレードのトランザクションはコストは10ドルになります。

スワップ:
スワップはCFDの夜間保有料金であり、計算はCFDが下取りされている通貨の銀行間レートに基づいています。たとえば、US500などの米国のインデックスはUSDで取引されているため、米国の銀行間レートが使用されます。。一方、AUS200はオーストラリアの銀行間レートを使用します。

指数は通常自国の通貨建てとなっています。
インデックスCFDは世界中の取引所に基づいているため、それぞれが自国通貨で取引されています。たとえば、ナスダックやS&P500などの米国の指数は米ドルで取引されていますが、オーストラリアのASX200はオーストラリアドルで取引されています。取引口座は選択された通貨建てであるため、通貨リスクとして海外指数を取引する場合は、これを考慮に入れる必要があります。

たとえば、取引が米国のインデックスで行われる場合、AUDのアカウントはAUD / USDの変動にさらされます。それでも、オーストラリアドル口座からASX200で行われた取引は、通貨リスクにさらされることはありません。

インデックス取引の利点

・ロングもショートも取引可能
・証拠金取引が可能
・ポートフォリオや証拠金をヘッ
ジする事が可能
・流動性の高い商品であること

続きを読む

ロングまたはショートの取引:
ロング(上昇市場)またはショート(下降市場)を取引するメリットは、株式市場や先物に常に存在するとは限らない贅沢です。エクイティブローカーは、投機家に貸し出す株式の量を制限または停止することができ、先物市場が制限限界に達した場合、トレーダーはそのマーケットでポジションに出入りすることはできません。 CFDであればこの問題に悩まされることはありません。トレーダーは、選択したロングCFDまたはショートCFDを自由に取引できます。これにより、原資産の市況に関係なく、インデックスCFDはスウィングトレーダー、デイトレーダー、ポジショントレーダーにとって非常に魅力的なものになっていくのです。

証拠金取引
ThreeTraderが提供する最大100:1のレバレッジにより、当社のグローバルインデックスCFDの証拠金要件は低いままです。これは、CFDを取引するために必要な金額が、その原資産市場の価値と比較して非常に低いことを意味します。

トレードリスクセンチメント:
インデックスはリスクアペタイトの優れたバロメーターです。つまり、投資家が将来に自信を持ち、より多くのリスクを取りたいと感じている場合、株式は上昇する傾向があります。逆に、インデックスはリスクオフの発作中に低下する傾向があります。市場の方向性には他の要因も関係していますが、世界中のトレーダーの画面に大きな予期しないものが当たると、リスク資産間の相関が強くなり、一般にそれらは連動して上昇または下降します。

これにより、振り子がリスクオンとリスクオフの2つの状態の間で変動するため、トレーダーはロングとショートの両方で取引する十分な機会を得ることができます。

リスクオフテーマの例には、以下が含まれますが、これらに限定されません。

地政学的緊張(例:中東戦争、貿易戦争)
選挙動向または国民投票の結果(例:2016年のトランプまたはブレグジット)
ウイルスの発生(例:Covid-19)
政府の債務不履行(例:アルゼンチンの債券の債務不履行、信用格付けの低下)
通貨ペッグの解除(例:2015年のEUR / CHF)

リスクオフの時期には、ゴールド、日本円、スイスフランなどの安全資産が上昇する一方で、世界のインデックスが連動して下落することも珍しくありません。逆に、緊張が解消され、市場が「リスクオン」モードに戻ると、これらの動きはすぐに逆転し、世界のインデックスが再び上昇するのを見ることができます。

株価に関するより広い方向性の見方をトレードする:
インデックスにより、トレーダーは個々の株に焦点を合わせるのではなく、より広い市場の位置を見ることができます。たとえば、米国経済では強気かもしれないので、S&P500(US500)でロングポジションを入力することを選択するとします。あるいは、日本株が弱気かもしれないので、日経25(N225)をショート(売り)することにします。

アウトパフォーマー/ペア取引の取引:
一部のトレーダーは1つまたは2つのインデックスのみを取引することを好みますが、別のアプローチとしては、特定の国またはセクターでパフォーマンスを上回る(またはより強いレベルの勢いを示す)と思われるインデックスを選択することです。たとえば、トレーダーは米国の株式に強気かもしれませんが、テクノロジー株がアウトパフォームすると信じているため、S&P500を介してナスダック100(USTEC)を取引することを決定します。

これをさらに一歩進めると、インデックスはペア取引(スプレッド取引)の優れた手段でもあり、これは、トレーダーが1つのインデックスをロングし、別のインデックスをショートする場所です。そうすることで、トレーダーは「市場リスク」を効果的にヘッジします。これは、外因性のイベントの後に市場が連動して下落するリスクがあるという理由に起因します。あるインデックスをロングし、別のインデックスをショートすることで、すべてのインデックスが下落した場合、投資のマイナス面を制限することができます。ただし、その逆も当てはまります。すべての株が上昇した場合、それは上向きの可能性を制限する可能性があります。強い指数は他の指数よりも速く上昇し、すべての市場が連動して下落しない場合は下落しないと推定されるため、トレーダーがアウトパフォーマーを正しく識別することが重要であるのはこのためです。

株式市場における不意打ちのリスクを薄める
インデックスは株式のバスケットで構成されているため、個々の企業からの予想外の収益(プラスかマイナスかに関係なく)は、基礎となるインデックスへの影響を少なくします。これにより、市場が閉鎖されている間、過度のギャップが発生する可能性が低くなり、トレーダーはリスクをより適切に管理できるようになります。もちろん、複数の企業が期待を下回っている、または上回っていることがわかった場合、インデックスへの影響は大きくなります。しかし、このシナリオでは、個々のインデックスの取引は管理が容易です。

たとえば、S&P / ASX200(AUS200)は強気の反発を楽しんでいますが、オーストラリアの「四大銀行」の1つであるWestpacは、予想外の収益の驚きや訴訟のためにある日突然急落しました。このようなケースからインデックスにマイナスの影響を与える可能性は必ずありますが、ASX200への影響は比較的控えめに推測する必要があります。

すべての株式とインデックスの比重がわずかに異なるため、少なくともインデックスの構成について基本的な認識を持つことは、取引でより良く収益を保つために役立ちます。

ポジションやポートフォリオをヘッジする:
ポジションをヘッジするために、トレーダーは最初の取引とは反対の方向にポジションをオープンします。これを実行したい理由はいくつかありますが、最も一般的な理由は、不安定なイベントの前に利益を固定するか、リスクを軽減することです。それはトレードの保険料に匹敵します。

たとえば、トレーダーは金曜日の午後に日経225(N225)で収益性の高いロングポジションを保持するとします。彼らは取引では強気なままですが、不利な週末のギャップから身を守るために週末に利益を固定したいと考えています。彼らは週末に保持するために日経225の均等加重ショートポジションを開くことにしました。

月曜日に市場が上昇した場合:ヘッジされたポジション(ショートトレード)はマイナスになりますが、元の収益性の高いポジションは、さらに利益を上げているため、ショートポジションを相殺します。
月曜日に市場が下落した場合:ポータブルポジション(ロングトレード)は利益の少なくとも一部を還元しますが、この損失は現在利益を示しているヘッジポジション(ショート)によって相殺されます。
市場がほぼ同じレベルで開かれる場合:ヘッジされたポジション(ショートトレード)は損益分岐点付近になり、収益性の高いポジション(ロングトレード)は利益を維持します。

株式投資家がロングのみの株式ポートフォリオを保有している場合、関連するインデックスをショートさせることにより、市場リスクをヘッジすることができます。たとえば、米国のテクノロジー株のグループを保有しているが、選挙や決算発表などの今後のリスクイベントを懸念している場合、ナスダック100指数(USTEC)を売り切る可能性があります。

指数は流動性の高い商品です
インデックスは取引量が多いため、流動性の高い商品と見なされています。つまり、売買は比較的簡単です。非流動的な商品の例としては、取引に出入りするのに長い時間がかかる家のようなものです。

テクニカル分析は一般的に流動性の高い商品でより良いパフォーマンスを発揮します。インデックスは株よりも流動性が高く、これはチャート愛好家やインデックストレーダーにとって朗報となっています。

なぜThreeTraderでインデックスを取引するのですか?

・競争力のあるスプレッド
・取引手数料なし
・ほぼ24時間の取引
・ディーリングデスクなし

続きを読む

競争力のあるスプレッド:
私たちは、スプレッドを始め低い取引コストに誇りを持っています。

手数料なし:
取引に手数料が追加されていないため、唯一の取引コストはタイトなスプレッドのみとなっています。

ほぼ24時間の取引:
当社のインデックスCFDは、従来の為替市場の営業時間外にも取引されるため、タイムゾーンに関係なく選択したインデックスを選択できます。

北米、ヨーロッパ、アジアのインデックスを取引:
ThreeTraderではナスダックのハイテク株から香港のHK50まで、重要なインデックスを提供しています。

ディーリングデスクの介入なし:
皆様の取引に干渉しないことにより、あなたの取引を妨げるために私たちがリクオートを出したり、不必要な遅延を追加したりすることは絶対にありません。

ヘッジは許可されています:
同じマーケットで同等のサイズでヘッジされたポジションは、あなたの取引の証拠金要件を取り除き、トレードにより集中できる環境を提供します。

 ThreeTraderで取引できるインデックスにはどのようなものがありますか?

  • Dow Jones Industrial Average (US30 CFD)
  • Nasdaq 100 (NAS100 CFD)
  • S&P 500 (US500 CFD)
  • Russel 2000 (US2000 CFD)
  • US Dollar Index (USIDX CFD)
  • Volatility Index (VIX CFD)
  • ASX200 (AUS200 CFD)
  • STI (SGCSGD CFD)
  • NIFTY 50 (IND50 CFD)
  • Taiwan MSCI (TW88 CFD)
  • Nikkei 225 (JPN225 CFD)
  • China A50 (CHCUSD CFD)
  • China H-Shares (HSCHKD CFD)
  • Heng Seng (HK50 CFD)
  • STOXX Europe 50 (EUSTX50 CFD)
  • CAC 40 (FRA40 CFD)
  • FTSE 100 (UK100 CFD)
  • DAX 30 (GER30 CFD)
  • AEX (NETH25 CFD)
  • SMI (SWI20 CFD)
  • 下記のフォームに記入するだけでプラットフォームがご利用いただけます