オンラインでゴールドをトレード

弊社のMT4でゴールドをトレードする

ゴールドは、シルバー、WTI、ブレント原油、インデックス、FXと一緒にオンラインで取引されます。 MT4のパワーのもと、高速実行力とバヌアツ規制を活用し、90を超える市場に同時アクセスが可能です。

ゴールド入門

希少金属であるであるゴールドは、貴金属グループのトップに位置しています。 それは何千年もの間市場で需要があり、採掘され、取引されており、石油のように、戦争原因にもなりました。

投資家はこれまでインフレに対するヘッジとしてゴールドを使用してきましたが、現在はゴールドを使用してマイナス金利をヘッジしているようです。

限られた供給により価値の高さは維持されており、そのような高価な貴金属は驚くほど用途が広く、お金、宝石、電子機器として使用されてきました。

続きを読む

ゴールドマーケットの推進力

需要と供給
すべての市場は需要と供給の力に左右されますがゴールドも例外ではありません。長期投資家は、国や中央銀行が規模を拡大して購入する傾向があるため、ゴールドの需要を監視しています。ワールドゴールドカウンシルは、宝飾品、ETF、コイン、テクノロジーの需要とともに、そのようなグループの需要と供給のレベルを分類した四半期報告書を発表しています。

米ドル
スポット金の価格はドルであるため、金と米ドルの間に逆相関があると予想するのは当然のことです。理想的には、トレーダーは、ゴールドをロングで取引するために米ドルが弱くなることを望んでいます(逆もまた同様です)。とはいえ、相関関係は固定されておらず、米ドルとゴールドの両方が安全な資産と見なされているため、両方が連動して動く場合があります。

リスクセンチメント
リスクオフの時期に資金の流れを引き付けるいくつかのマーケットがあります。ゴールドはそのうちの1つにすぎません。株式が下落し、債券が上昇し、JPYとCHFが流入を引き付けるのに十分なマーケットがあれば、ゴールドも高く評価される可能性があります。逆もまたしかりです。リスクが回復すると、ゴールドの勢いは弱まる傾向があります。

経済データ
マクロ経済データが世界的な成長が鈍化していることを示唆している場合、投資家が保守的になるにつれてゴールドは高く評価される可能性があります。それが短期間の反応であるか、新しいトレンドの始まりであるかは、データの内容に依存します。最終的に、これはリスクセンチメントと絡み合っています。多数のマクロデータが軟化すると、リスクオフ反応が引き起こされ、二次反応としてゴールドがサポートされる可能性があります。

ゴールド取引はどのように機能するのですか?

ゴールドCFDを取引する場合、実際は現物の所有者になることはありません。 それでも、ロングとショートの両方で、ライブ取引する事が可能になります。

レバレッジとは、ポジションに参入するための現金要件が、原資産市場に参入するのにかかる費用と比べて何分の1かであり、すべてのレベルのトレーダーがゴールドの取引にアクセスしやすくなることを意味します。

続きを読む

ロングの例:ゴールド(XAUUSD)
トレーダーは1726米ドルで5ロットのゴールド(1ロットあたり100オンス)を購入します

ゴールド価格が$ 1,759に上昇した場合、トレーダーは約$ 16,500の利益を得るために終了するというケースで計算してみましょう。

(5 x 100)x($ 1,759 – $ 1,726)
価格が$ 1,709に下落した場合、トレーダーは約-$ 8,500の損失で終了するケースを計算しましょう。

(5 x 100)x($ 1,709 – $ 1,726)

ショートの例:シルバー(XAGUSD)
トレーダーは19.25ドルでシルバーを1ロットをショートします。

価格が17.00ドルに下がった場合、トレーダーは約11,250ドルの利益のために終了するケースの計算をしましょう。

(1 x 5,000)x($ 19.25 – $ 17.00)
シルバー価格が$ 20.50に上昇した場合、トレーダーは約-$ 6,250の損失で終了するケースの計算をしましょう。

(1 x 5,000)x($ 20.50 – $ 19.25)

 

ゴールド取引に関連するコスト

スプレッド
スプレッドは、ゴールド取引を開始するための取引コストであり、買値と売値価格の差となります。スプレッドは変動し、ロンドンや米国のセッションなどのより高い取引活動の期間中は一般的にタイトになります。

手数料(Rawゼロ口座のみ)
Rawゼロ口座では、1ロットの取引ごとに4ドルの手数料が支払われます。Pureスプレッド口座は手数料無料なので、スプレッドだけが事実上の取引コストとなります。

スワップ:
各国は、中央銀行の銀行間金利に金利を設定しています。スワップは、通貨に関連する銀行間レートから導出される保有コストです。金は米ドルで取引されるため、FRBの銀行間金利が使用されます。

原資産レートに応じて、スワップはオープンポジションでプラスまたはマイナスになる可能性があり、市場の終値で毎日計算されます。金利は1年365日計算され、スポット市場の価格は通常2日後に決済されるため、水曜日は週末に市場が閉鎖されるため「トリプルスワップ」の日となります。

ゴールドCFDの利点

  • ロングでもショートでも取引可能
  • 高速実行力
  • 証拠金取引
  • 現物ゴールドとのヘッジとして利用が可能
続きを読む

ロングとショートの取引が可能

強気市場と弱気市場の両方で取引できることは、常に可能であどの市場でも可能であるとは限りません。また、先物取引の場合はトレーダーが市場に出入りするのを妨げる可能性があります。 CFDであればトレーダーは市場の方向性を自由に推測し、実際に取引ができます。

高速実行力
現物のゴールドやETFの取引には遅れが伴います。CFDの場合であればポジションのエントリーやクローズはほぼ瞬時に行われるため、現物取引のボトルネックをゴールドCFDで回避していくことが可能です。

現物ゴールドとのヘッジ

投資家はCFDを使用して、現物市場と比較して比較的少ないコストで市場リスクをヘッジすることができます。ヘッジは、元の位置とは反対の方向(通常は等しい価値)で取引を開始するプロセスです。ここにいくつかの例があります:

投資家が現物のゴールドを保有している場合、それらは事実上ゴールド市場にロングポジションを取っているということになります。しかし、ゴールドに対し短期的に価格修正の可能性があることを懸念している場合、投資家は物理的に保有しているゴールドと同等の価値のゴールドCFDをショートすることを選ぶことができます。そうすることで、ゴールド価格が下落した場合、ショートゴールドCFDの利益が現物ポジションの損失を相殺します。もちろん、ゴールドの価格が上昇し、その物理的な金の価値が上昇した場合、投資家はヘッジされたゴールドCFDのショートポジションではお金を失うため、ヘッジ下ポジションをすぐに閉じることを選択できます。

ThreeTraderで取引する理由とは?

  • 競争力のあるスプレッド
  • 格安な手数料
  • 最大500:1のレバレッジ
  • CFD取引でもヘッジを利用して損失をコントロール
続きを読む

競争力のあるスプレッド
ThreeTraderのトップクラスの流動性プロバイダーを介してタイトなスプレッドを取引します。

低い取引コスト
タイトなスプレッド、競争力のあるスワップレート、および低い(または現在の)手数料を提供することにより、取引コストを可能な限り低く抑えるように努めています。

最大500:1のレバレッジ
500:1のレバレッジにより現場市場の数分の1のコストでゴールドを取引できます。

CFD取引を完全にヘッジする

反対方向に等しい価値のゴールドCFDを開くと、2つの取引の証拠金要件はゼロになり、金ゴールドCFDをヘッジしている間、他のトレード機会のために自己資本を解放することができます。

  • 下記のフォームに記入するだけでプラットフォームがご利用いただけます