オンラインで原油をトレード

ThreeTrader platformsで原油のトレード

ボラティリティはアグレッシブなトレーダーの味方です。原油CDFは全トレーダーのウォッチリストに含まれているべき商品と言われています。 ThreeTraderが誇る狭いスプレッドと迅速な実行力を原油取引に活用しましょう。

原油取引入門

原油とは未精製の石油全般を指し、ガソリンやディーゼル燃料として流通しています。地面や海から採掘される暗黒の液体が石油製等に精製されて流通します。

「ブラックゴールド」と呼ばれることもある原油に、その答えがあります。1900年代初頭から石炭需要を抑制し続けてきた石油は、何十年にもわたって地政学的緊張と戦争の触媒となってきました。輸送用燃料としての石油は、将来的に再生可能エネルギーの脅威にさらされる可能性がありますが、今のところ非常に需要が高く、世界の輸送業界にとっては重要な存在となっています。

続きを読む

原油価格やそのインフレにトレードで 参加する

原油の需要が高まると、ガソリンポンプの価格までも高騰します。すると消費者は、可処分所得が少なくなるため、生活にピンチを感じ始めます。逆に、原油価格の低下はデフレと見なされます。そのため、トレーダー、アナリスト、経済モデラーは、インフレ力を測定することで中央銀行の政策を評価するため、原油価格を綿密に監視しています。

原油トレーダーにとって最も人気のある原油は、WTIとブレント原油です。どちらもThreeTraderのMT4プラットフォームを介して提供されています。

West Texas Intermediate(WTI)

WTIは、米国内の油田から供給される原油です。低レベルの硫黄含有率と低密度のために「ライトスイート」原油ともいわれ、ガソリンとディーゼル燃料に変えることができ、原油価格の主要なベンチマークとなっています。ニューヨークマーカンタイル取引所(NYMEX)で取引されており、最も流動性の高い石油先物契約と見なされており、通常、1日あたり100万件を超える契約で取引されています。

ブレント原油
ブレント原油は、主に北海の油田から掘削される原油です。その場所にもかかわらず、ブレント原油も米ドルで取引されていますが、WTIのような物理的なバレルではなく現金で決済されます。ロンドンのインターコンチネンタル取引所(ICE)で取引されているブレント原油は、世界の石油価格の約3分の2の価格設定のベンチマークとして使用されています。ブレント原油も「ライトスイート」原油と見なされていますが、硫黄含有量がWTIよりもわずかに高いとされています。

原油市場の主な推進力:

原油とボラティリティは密接な関係を保っています。1986年から1999年の間に原油価格は1バレルあたり10ドルから30ドルの間で蛇行しましたが、価格は2008年に147ドルの高値に上昇し、適切な状況下で数日、数か月、さらには数年にわたって急速に上昇または下降する能力を示しました。

原油には多くの基本的な推進力がありますが、ここでは、トレーダーや投資家が注目する可能性のあるいくつかの基本事項について説明します。

需要と供給 :

他のコモデティと同様に、原油価格も需要と供給のバランスに敏感であり、すべての時間枠にわたって影響力があります。

たとえば、世界的な成長が加速した1999年のナスダックバブルの後、需要の増加により原油価格は1,200%を超えて上昇しました。経済成長が拡大している場合、消費は増加し、鉱山労働者、生産者から再販業者や小売業者への輸送に燃料を供給するために原油が必要になり、サプライチェーンは忙しくなります。

もちろん、その逆も当てはまります。不況の間、消費の不足は需要を殺し、原油価格を圧迫します。最近の例は、covid-19のパンデミックによる世界的な封鎖で明らかです。このパンデミックでは、原油価格がゼロに急落し、先物がマイナスの価格になりました。ごく最近までこのような状況はほとんど推測されませんでした。

供給ショックについて、油田への予期せぬ攻撃は、損害が供給を混乱させるほど大きい場合、原油価格を高騰させる可能性があります。最近の例は、ドローンが週末にサウジアラビアの石油施設を攻撃した9月に見られ、月曜日のオープンでWTIが12%のギャップを生じました。

原油輸出国機構(OPEC):
OPECは、しばしば石油カルテルと呼ばれ、1960年に設立、当初はイラン、イラク、クウェート、サウジアラビア、ベネズエラからの5人のメンバーで構成されていました。時が経て、13人のメンバーに拡大しました。彼らは原油の生産量を変えることによって原油価格を管理することを目指しています。

生産を削減することにより、石油の価格を支援または引き上げることを目的として、効果的に供給を制限します。そして、生産を増やすことによって、OPECは価格を下げるか、価格の上昇から熱を取り除くことを目指しています。

OPECは世界の原油埋蔵量の約75%、総原油生産量の約42%を管理していると推定されているため、トレーダーは彼らが発言する会議にいつも耳を澄ませています。

経済データ:

原油トレーダーは、GDP、工業生産、CPI、PMI調査などのマクロ経済データセットを監視して、世界の成長と潜在的な消費(需要)を監視しています。

ただし、トレーダーが注目する原油油固有の指標もあります。このリストは網羅的ではありません。

  • American Petroleum Institute(API):トレーダーが需要と供給を評価するのに役立つ、データセットを毎週多数発表しています。最も人気のあるものの1つは、貯蔵された原油の量を調べる「原油在庫」です。その他の例としては、ガソリン在庫、原油輸入、クッシング数、原油ランなどがあります。
  • 国際エネルギー機関(IEA):アメリカの原油および天然ガス業界を代表して、輸送用燃料の需要と供給を示すために、週次および月次の統計速報(WSBおよびMSB)を発表しています。
  • Baker Hughes Rig Count:このデータセットは、石油を積極的に掘削している石油掘削装置の数を示しています。北米版は毎週、国際版は毎月発表されます。
  • トレーダーのコミットメントレポート(COTR):先物市場の市場ポジショニングを示す週次レポート。原油のトレーダーは、ヘッジファンド、ブローカー、プロのトレーダーが原油に対してどのように位置付けられているかを確認します(買い傾向なのかまたはシ売り傾向なのか)。

地政学:
原油価格と地政学は密接に関係しています。サウジアラビアは依然として世界最大の石油輸出国であり、中東の緊張はしばしば原油市場に影響を及ぼします。また、ここ数ヶ月、イラン、近隣諸国、米国との緊張関係が再浮上し、ボラティリティが原油に戻ってきました。そして、シェール産業のおかげで米国が次の輸出または石油になっているという事実から、地政学がすぐに石油から離れすぎてしまうのではないかと懸念されています。

原油取引とはどういうものでしょうか?

強気または弱気の市場でWTIおよびブレント原油CFDを取引できます。CFDであれば正式な先物契約を締結しないため、契約の満了やロールオーバーについて心配する必要はありません。トレーダーは市場の方向性について自由に推測でき、現物を所持しなくとも利益を生むことができます。

続きを読む

例(買い): WTI購入

トレーダーはWTIについて強気な見方をしているため、ロング(買い)ポジションを取り、37.75ドルで10ロットを購入します。各完全契約は100バレルの原油に相当するため、トレーダーは実質的に1,000バレルの石油(10 x 100)をロングすることになります。

  • WTIが1バレル42.50ドルに上昇した場合、トレーダーは約4,750ドルの利益で終了する場合のケースについて計算しましょう。
    • (#ロットx契約サイズ)x(クローズ価格–エントリー)
    • (10 x 100)x($ 42.50 – $ 37.75)= $ 4,750
  • WTIが1バレル34.00ドルに下落した場合、トレーダーは約-3,750ドルの損失で終了するケースについて計算しましょう。
    • (#ロットx契約サイズ)x(クローズ価格–エントリー)
    • (10 x 100)x($ 34.00 – $ 37.75)=-$ 3,750

ショート(売り)例:ブレント原油
トレーダーはブレント原油に対して弱気な見方をしているため(下落すると予想)、ショートポジションに入り、5つの契約を40.50ドルで売ります。各契約は100バレルの石油に相当するため、トレーダーは実質的に500バレルの原油(5 x 100)が不足しています。

  • ブレントが1バレルあたり35.20ドルに下落した場合、トレーダーは約2,650ドルの利益で終了する場合について
    • (#ロットx契約サイズ)x(エントリー–エグジット価格)
    • (5 x 100)x($ 40.50 – $ 35.20)= $ 2,650
  • ブレントが1バレルあたり44.00ドルに上昇した場合、トレーダーは約-1,750ドルの損失で終了する場合のケースについて計算しましょう。
    • (#ロットx契約サイズ)x(エントリー–クローズ価格)
    • (5 x 100)x($ 40.50 – $ 44.00)=-$ 1,750 

CFDに関連するコスト

スプレッド:スプレッド
スプレッドとは売り価格と買い価格の差であり、取引に参加するための取引コストです。

スプレッドは変動し、その幅は流動性(取引量)によって決定されます。これは、ヨーロッパや米国の市場が開いているときなど、激しい取引活動の期間中に、より狭いスプレッドを提供できることを意味します。ただし、市場が静かな時期にはスプレッドが拡大する可能性があります(原資産市場が開いていると仮定)。

スワップ:
スワップは事実上、取引する通貨ペア間の金利差相当額のことです。毎日計算され、国の銀行間レートに基づいています。当社のOILCFDは米ドルで取引されているため、スワップも米ドルで計算されます。 

週に5取引日しかないのに対し、スワップは1年365日計算されます。しかしながら週末は取引時間外であるため、それが反映される水曜日にはトリプルスワップとなりますがその理由は下記をご参照ください。

スポット原油市場は通常2日後に決済されますが、CFDの週末のスワップは水曜日に計算されるため、3倍のスワップとなるのです。

CFDを右クリックして「仕様」を選択すると、MT4ターミナルの「マーケットウォッチ」ウィンドウからスワップにアクセスできます。

手数料(Rawゼロ口座):
業界最狭レベルのスプレッドと格安な手数料で取引できます。Pureスプレッド口座でのお取引には手数料がかかりません。

原油CFD取引の利点

  • 強気と弱気の市場で投機が可能
  • 証拠金で取引可能
  • 契約の満了やロールオーバーを回避できる
続きを読む

強気と弱気の市場での投機
原資産市場では、ロングとショートの取引が常に可能であるとは限りません。例えば先物契約取引は一度にトレーダーグループの数に制限されており、「リミットアップ」または「リミットダウン」と呼ばれるものにぶつかる可能性があります。これにより、新しいトレーダーが市場に参入したり、オープンポジションのトレーダーが取引に参入したりすることができなくなります。

証拠金取引
原油CFDに最大100:1のレバレッジを提供することにより、証拠金要件は低く抑えられます。これにより、ポートフォリオマネージャーはより少ない担保で市場エクスポージャーを増やすことができます。

契約の満了やロールオーバーを回避可能
CFDを使用すると、ロールオーバーコストを計算したり、先物契約の期限が切れたりすることなく、市場の方向性(上昇か下降か)の推測に集中できます。

取引をヘッジしてリスクを回避
完全にヘッジされたポジションとは、元のポジションと反対方向に開かれているポジションを持つことを意味します。これにより、取引によるリスクを一時的に減らすことが可能になり、利益を固定したり、損失を制限したりすることができます。

  • 今後数週間にわたってWTI強気相場となりそうなのでロングのポジションを維持しているが、地政学的緊張の高まりが週末の石油価格を圧迫する可能性があることを懸念し、週末のポジションをヘッジする(ショートでもポジションを持っておく)という形でリスクを避けます。
  • 石油株の収集が不足している場合、WTIまたはブレントCFDを買いポジションで持って利益を固定し、上昇する株式市場から身を守ることで、弱気なポートフォリオをヘッジすることができます。

 ThreeTraderで原油取引をすべき理由とは?

  • 迅速な取引実行力
  • 業界最狭レベルのレバレッジ
  • Pureスプレッド口座は手数料無料
  • Rawゼロ口座の格安な手数料
続きを読む

迅速な実行力:
裁量トレーダーでもEAでも、ThreeTraderの提供する迅速な実行力は、原油トレーダーにとって魅力的です。

レバレッジ
弊社の石油CFDでは最大100:1でお取引が可能です。そのため必要証拠金は低く抑えられ、資金が少なくても原油トレードを楽しむことができます。

手数料無料(Pureスプレッド口座)
Pureスプレッド口座では手数料無料で原油トレードが可能です。取引コストはスプレッドのみです。

格安な手数料(Rawゼロ口座)
わずか往復400円(4USD)の手数料で業界最狭レベルのスプレッドで原油トレードが可能です。

  • 下記のフォームに記入するだけでプラットフォームがご利用いただけます